入学式

4月2日入学式。

桜は満開、空は青空、最高の日和でした。

Cimg1068


自分自身振り返っても、ここからが自分の人生と

いう気がします。みんな一緒、みんな同じという

団結・平等の学校生活を終え、自分の一歩。

 

サークルの勧誘が凄まじく、連日先輩からタダ飯を

頂いている様子。今は浮かれてるけど、来年はおごる側だと

気付いているのかどうなのか??

| | コメント (2)

卒業

IDやらパスワードやら・・・

記事作成ページに入るのも一苦労でした。

それもそのはず、前回の記事は2012年12月だったのですね。

さて、2014年3月7日。

サトリン晴れて高校卒業しました。

星降る自由の天地(校歌より)で

良い高校生活が送れたようです。

Photo

2月には第一志望の大学に奇跡のAO合格passshine

一般入試なら2年進学時に成績によって

所属学科が決まるところを、

建築学科に優先的に入れる権利を得て、

まさにこの世の春cherryblossomを謳歌しております。

 

一番自由で、一番時間のある大学時代。

思う存分好きなことをして欲しい。

もう親の役目は見守るだけ・・・かな。

ああ、学費払う役目はあったか。

何はともあれ、卒業おめでとう

| | コメント (4)

ウィーンに行ってきました③あれこれ編

2012年もあと数時間。夏の旅行のお話を締めなくては・・・

 

ウィーンはヨーロッパ旅行の行き先としては、マイナーな方だと

思うのですが、実は私だけは今回が3回目のウィーンでした。

とはいえ、過去2回の旅行はなんと!20年以上前になります。

最初のウィーン旅行は、まだ東西冷戦中でした。

冷静が終結し、ヨーロッパが一つになり、行き来が簡単になったせいか、

ウィーンの観光客の多さには驚きました。耳を澄ますと、いろいろな

言語が聞こえてきて、各地から旅行者が訪れていることが分かります。

アジアの旅行者の多さにも驚きました。

ウィーンの目抜き通り、ケルトナー通りのブランド店で大量の買い物を

するのは、今や日本人ではなく中国人です。韓国人の旅行者も多く、

いろいろな店で、「チャイニーズ?」とか「コリアン?」などと尋ねられました。

20年以上前のウィーンでは、アジアの顔をしているとほぼ自動的に日本人と

認識されたことを思うと、ちょっと複雑です。

そう言えば、日本企業の看板も減ったように感じました。

 

日本人の旅行者は減ったのかな・・と思いきや、

モーツアルトコンサートではたくさんの日本人客がいましたし、

オペラ座の見学ツアーではも老若男女の日本人が集まり、日本語のガイド

ツアーも用意されていました。日本人の旅行が、以前のような目玉観光地

&買い物弾丸ツアーのレベルを超えて、それぞれの趣味や目的を持った

成熟したものになったのでしょう。買い物なら日本で大抵のものが手に

入りますし・・・。

 

それにしても、知らない街を地図を片手に歩くのは、本当に楽しい。

約1週間の間に、どんどん街のことが分かって来て、帰る頃には

まるで自分の街のように動けるようになって、久々に使う錆びた英語にも

慣れてきて、ちょっとだけ堂々と歩けるようになってきて・・・。

 

いろいろ思ったことはありますが、一つ、20年前と決定的に違ったことが

ありました。大学生・OL時代にヨーロッパ旅行に行った時は、ホテル、駅、

レストラン、インフォメーション、どこに行っても笑顔を向けられ、本当に

親切にしてもらい、ヨーロッパの人のホスピタリティを感じたものでした。

今回は・・・・。まあ、極々普通!?しかし、少なくともホスピタリティ・・という

感じはなかったような。

日本の経済力のせいか・・

はたまた、わたしがお○さんになったせいか・・・

どっちだろ。

 

 

 

 

| | コメント (0)

ウィーンに行ってきました②インライン編

前回よりも更に「今更」感が漂ってますが、

時がたって忘れてしまうのもナンなので・・・

 

ウィーンの旧市街はリンクと呼ばれる4kmの環状道路の内側で、

王宮やウィーンのシンボルであるシュテファン寺院、オペラ座、等有名な

見学場所はほとんどここにあります。

1周4kmの内側・・・なんていうと、インラインで見学するのに持っ来い♪という

感じで、ちょっとは期待もしていましたが、夏の観光シーズンは思っていた

以上に人が多い上、路面はインラインの敵とも言える「石畳」・・・というわけで、

おとなしく徒歩と地下鉄で観光しました。

でも、世界にはツワモノもいて、リンクの中心グラ―ベン通りで2、3人

インラインを見かけました。1人はどこかの国旗(?)を広げて滑っていました。

上手く道を選べば、インライン観光もできるのかもしれません。

 

出発前に目を付けていた、インラインスポットは2つ。

1つはドナウ川の本流と支流の中州、ドナウインゼル

全長42kmのサイクリングロードがあり、多少のアップダウンはありますが、

快適に滑れます!ここでは10人以上のインラインスケーターを見ました。

ロード沿いには、飲み物を買えるような所や休憩するところがあまりないので

注意。あと、どこかにインラインスケートのレンタル所があるようでしたが、

見つかりませんでした。とっても広いところで、川の両岸にいろいろあるの

ですが、私達はほんの一部しか見れませんでした。

15_2




12

2つの川に挟まれた長細い島がドナウインゼル↑

 

 

もう1つのスポットはプラーターという遊園地。ここもサイクリングコースが

あって自転車のレンタルもあるということで、マジオさんは期待していましたが、

サイクリングは全く見かけませんでした。代わりというか・・・セグウェイは

お金を出せは乗れるようでした。

 

他にインラインを使って便利に観光できたのは、ドナウシティです。

地下鉄のカイザーミューレン駅周辺は、新しく開発されている地区で、

まるで未来都市のように(ちょっと大げさか?)様々な建築物が建っています。

3人でヒプノを履いて、超ラフな服装で地下鉄の駅を降りると、場違いな空気。

すかさず、強面の警備の人(確か銃持ってたような)が近づいてきて・・・・。

よくみると世界の国旗がはためいていて、どうやら国連ビルの目の前に

出てしまったようでした。

危険人物という雰囲気の全くない我が家なので(笑)、話せばすぐに

分かってくれましたが、カイザーミューレン駅は出る方向を間違えると、

こういう目に遭います。

でも、ドナウシティー見学はインラインが最適!!未来都市を見学した後は

ドナウタワーまで滑り、ドナウ公園内も滑れます。ドナウ公園はかなり広い

公園で、タワーまで歩くのは結構疲れます。インラインがなかったら、

タワーまで行く気がしなかったと思われます。

11


ヨーロッパは割にインラインが盛んなのか、インラインで

街中を滑っていても、大して注目されている感じはないのですが、

街中でヒプノのウィールを付けたり外したりしている時は、いつも露骨に

物珍しそうな目を向けられました。特に子どもは興味津々という感じでした。

| | コメント (2)

ウィーンに行ってきました(8月21~29日)①飛行機編

今更書く!?って感じですが。一応。

 

8月末にウィーンを旅行してきました。

当初目的は「建築物」と「音楽」でしたが、「音楽」の方は、ウィーンフィル等

有名なオーストラは、7,8月は海外公演中(なんでも団員の夏休みのバカンスも

兼ねているとかいないとか)だと手配後に知り、雰囲気を楽しむ程度となりました。

 

更に、マジオさんの調査でインラインもできそうだと知り、ヒプノ3足背負って

行ってきました。

 

さて、今回はウィーンまでの飛行機について。

 

この夏ヨーロッパ旅行するというのは予定外だったこともあり、

ちょっとでも安く抑えようと、噂に高い(?)アエロフロートを利用してしまいました。

私の中では「禁じ手」的な手段で、家族との旅行では絶対に使うまいと

思っていたのですが・・・。(ちなみに、独身時代には3回ほど(^^ゞいろいろ

酷い目に遭い、親を泣かせたこともありました)

それでも安さと効率の良さには負け・・・。

実際ネットで検索してみると、ヒドイことがいろいろ書いてあります。

主に ①キャビンアテンダントの態度が最悪

    ②食事がマズ過ぎる

    ③荷物の紛失が多い

    ④トラブルの対処が最悪

    ⑤墜落の恐怖

①②については我慢すればよし。

③については、どの航空会社でも頻度に差があるものの、積み間違い等は

あるもの。アエロフロートで多いのはロシアの空港での、ロシア人による荷物の

盗難と知り、ロシアで荷物の受け取りはない欧州便乗り継ぎには関係なし。

④これは困るんですよね。乗り継ぎ便に乗れなかった時や、何かあった時に。

⑤ソ連時代の情報では、軍出身のパイロットなので、操縦が上手いという

ことだったけど・・・。墜落を怖がっていたら、飛行機には乗れません。

 

つまり、心配なのはトラブルがあった時だけ!ということで、勇気を出して

チケット購入。

 

結果、

アエロフロート、はっきり言って悪くないです。私は高級な航空会社を

ほとんど利用したことがないのですが、少なくともJAL・エールフランス・

ユナイテッドなどよりは、食事やサービスは上だと感じました。

成田発着便は日本語を話すスタッフが一人は入っているようです。

そして、キャビンアテンダントも美人です。

映画やゲームもちゃんと各席についていました。

乗り継ぎのロシア・シェレメーチヴォ空港も明るい雰囲気で

悪くないです。ソ連時代の物々しい雰囲気はまるでありません!!

(あの頃は、空港で荷物整理にカメラを出しただけで、軍人が数人寄って来て

ビックリでしたが・・・。)

そして、何より嬉しかったのは、往復4回のフライトで一度も遅延が

なかたことです!!全て定刻!こんなの初めてでした♪

 

結論

アエロフロート、ヨーロッパ方面に行くには大変便利ですし、

次回ヨーロッパへ行くことがあれば、また使いたいと思います。

飛行機にお金を使いたくないのよね・・・という方にはおススメします。

お金があったらわざわざ乗る必要はないと思いますが・・・。

 

| | コメント (0)

新横→鴨居

マジオです。

私の卒業写真がいつまでもトップにあるのもなんなので、

ちょっと書かせてもらいます。

 

卒業以来、リハビリ(スケートの意味での)を続けてきましたが、

やが3さんの境川ランでは2回もドロップアウトしたりして、

なかなか本調子に戻れないでいました。

でも、先日やっと納得できる滑りができ、さらに新しい道を

開拓したので、報告しようと思います。

 

春の恩田川花見ランのときなど、新横広場から鶴見川の

右岸を通ってまずは鴨居を目指すのですが、これがまた境川並

の悪路です。左岸はすべすべなのですが、これは鴨居駅付近

しか開通していないので、従来は使えませんでした。

 

ところが、先日たまたま市ヶ尾というところから鴨居まで滑り、

行き止まりを覚悟でいつもの反対側の道を滑って行ったところ、

なんと新横まで続いていました。それほど幅はないものの、

至る所すべすべでした。

 

鶴見川や恩田川は、これからもどんどん整備していって欲しい

ものです。町田から鶴見まで快適に滑れるようになれば嬉しい

んですけどね。

| | コメント (2)

卒業写真

Capi641a

マジオ氏の鎖骨、無事上のようにつながりました。

整形外科の先生が「卒業写真」と言って撮らせてくれたそうです。

素人目にも接合部がまだくっつきたての感じに見えます。

全ての活動完全復帰は、もう少し先の方が良さそうです。

スケートについては、本人は11月の「りんりんLR」での復帰を希望していますが、

仕事も多忙のようなので、どうなるか・・・??

                    

ちなみに、折れた写真はこれ↓。

見事に斜めにポッキリ折れています。

Canftoll

 

マジオさんが骨折してから周りの人に聞くと、鎖骨骨折経験者って

結構多いのですね。バイク、自転車、スキーの転倒によるものが

多いようです。

体の中で一番折れやすい骨。折れることによって体を守るとは言っても、

やはり折らない方がいいです。

みなさん御用心くださいませ。

| | コメント (2)

シドニーに行って来ました②

骨折さえしてなければシドニーへももちろん

HYPNOを持って行く予定でした。

Cimg0306

ハイドパーク、ボタニックガーデンなど、なかなか良さそうな路面が

あるのです。

しかし、どこもスケートNGの看板が・・・。

旅行中に見かけた街のりスケーターはたった1人。

ちなみにスケボーは結構いました。自転車もそこそこいました。

でも一番多かったのはランナー。ホントに走る人だらけ。

2人組くらいでしゃべりながら走っているパターンが多かったけど、

どの人も気合の走り。

後で聞けば、スケートはシドニーの中心では無理で、郊外では

やっている人もいるようです。

 

我が家が飛行機で旅行すると、かなりの確率で真っ直ぐ帰って

来られないのですが、今回もやはりそうでした。

シドニー~成田便の飛行機の機体が故障の為、予定より小さい

代替機となったため、はじかれてしまいました。

結局、台湾経由で、予定より6時間遅れて成田着。

カンタスからはキャッシュバックもあったし、まあ仕方がないですね。

話をされた時も驚きもしませんでした。無気力に、またか・・と

思った程度で。後から思うとおかしいのは、カンタスのマネージャーも

全然悪そうじゃなかったこと。だからこちらも腹が立たなかったのか?

しかし、こう毎度毎度、スムーズに帰れないっていうのはなんなんだろう。

お祓いでもしとく!?

| | コメント (10)

シドニーに行って来ました①

未だ固定バンドに縛られる日々の怪我人連れでヒヤヒヤしましたが、

なんとか無事帰って来ました。

なにしろ怪我人連れなので、遠出はNG(って海外旅行自体は超遠出ですが)、

シドニーの街歩き中心の旅行となりました。

Cimg0310

南半球のオーストラリアは今、冬の終わり~春の始まり。

日本で言えば3月くらいの気候。猛暑日本を脱して涼しく

過ごそう!なんて思いもあったのですが、出発した頃には

日本も割と涼しくなってたので・・目論見はやや外れたかもsweat01

 

Cimg0292

シドニーは、1770年のキャプテンクックの入植以降、イギリスから

流された囚人たちの作った街。街並みはまるっきりヨーロッパです。

社会の授業で習った「白豪主義」なんて過去のもの、今はアジア等から移民を

積極的に受け入れ、国際色豊かで、色んな顔の人が生活している街でした。

中でもチャイナパワーはすごく、中国語や中国系企業の看板も多数。

元々のオーストラリア人の中では少子高齢化が進んでいるものの、

移民のお陰で人口も順調に増え、経済も堅調とのことでした。

そのせいか、物価の高いこと!コンビニだと、水500mlが200円くらいするし、

普通の店での外食は一人2000円くらい平気でします。

今まで海外に行って、こんなに物価が高いと感じたのは初めて。

日本のパワーの衰退。。。ちょっと寂しいもんですね。

                    

オーストラリアと言えばコアラ、カンガルー等、固有の進化をした動物たち。

シドニーでは法律で禁止されていてコアラの抱っこはできませんbearing

3000円くらい払えば、一緒に写真を撮れます。(撮りませんでした)

コアラは中国のパンダ同様、大切に保護されているようです。

反面、増えて困るくらいのカンガルーやワラビーはほったらかし。

Cimg0273

Cimg0279

Cimg0286

写真は撮れなかったけど、カモノハシが一番かわいいかったheart01

ちなみに、動物園に入るのも3000円以上しました。

それだけで3人で10000円!!

換金しても換金しても豪ドルがなくなるわけだ。

Cimg0364_2

政府が電気代を負担している夜景。

| | コメント (0)

折れました・・・

今日からお盆休みの会社が多いとか。

我が家はあまり関係ありませんが、電力の需給状況に

ゆとりが出るらしく、いつもエアコンなしだった施設でエアコンが入っていて

ちょっと嬉しかった・・・。

ちなみに、私は「節電あせも」というのが出てしまい、日中冷房なしというのが

ちょっと辛くなっていたところです。しばらく冷房使わせてもらって、

治したいと思います。

 

ところで、タイトルにある「折れたもの」は

マジオさんの鎖骨

であります・・・・・。

見事にポッキリ折れていたようです。

現在、「クラビクルバンド」という鎖骨固定バンドに

羽交い絞めにされる日々。

折ったのは先週木曜。全治2,3カ月くらいか??

左手の自由が効かないので、生活も不自由。

よって私もプチ介護生活。

尚、骨折の原因はご想像の通りです。

 

21日から海外旅行の予定です。

どうなるんでしょう?

でも、お金は払い込み済みなので、何が何でも

行く構えではありますが・・・。

ところで、高校生になったサトリンは、この旅行期間だけが

本当の夏休み。あとは、部活だ~、文化祭の準備だ~、講習だ~と

毎日学校行ってます。こちらは、骨折する暇もない・・・。

| | コメント (5)

«GW